2019.07.27

2年後期「木質構造」

1.授業の目的
現在、木造住宅は、在来軸組構法、枠組壁構法、および丸太組構法のいずれかとすることができる。一方で、集成材、LVL、およびCLTのような木質材料の出現、さらには防耐火の規制緩和が進められ、大規模木造建築物が身近になってきた。本授業では、在来軸組構法の壁量計算を中心に、各種木質材料の特性、木造建築物の耐火規定について学修することを目的としている。

2.授業の方法
本授業は、各回のテーマに沿った内容の座学および演習で進めることとし、壁量計算に関しては、演習問題に充てる時間を確保し、十分な理解を促すこととする。
担当教員は、民間企業において建築構造設計に従事した経験を有する。授業では、実物を例題にした演習を通じ、実践の現場で要求される壁量計算や四分割法について解説を行う。

home HOME

関連記事