2020.03.19

3年後期「建築設計演習Ⅲ」

1. 授業の目的
本演習では、「地域公共施設を備えた集合住宅」、「複合性を備えた図書館」という2つの演習課題を通じて、これまでに学んだ様々な知識、技術、表現手法を統合的に用いてより大規模、公共的、かつ複合的な建築空間を設計できる能力を演練することを第一の目的とする。また発表や討議の場において自らの意見をより能動的、かつ高度に表現、発信できるように指導することを第二の目的とする。

2. 授業の方法
並行して開講される建築計画Ⅲと連動して授業を行う。演習は、グループを編成し、1グループ1名の担当教員で実施する。課題説明後は、各自の企画立案に従ってエスキスを繰り返し行い構想の発展、具現化を行うよう指導する。このことを通じて自らの構想がひとりよがりな発想で終わることなく、より客観的に優れた構想へと昇華されることを目指す姿勢を培うことに力を入れ、実践的な演習を行う。担当教員は、企業などにて建築設計の実務を担当してきた。その際の技術、知見を授業を通じて伝える。

home HOME

関連記事