2018.11.02

(2019年度以降) 2年後期 建築設計演習Ⅰ

2019年度より2年生科目は新しいカリキュラムになります。

建築空間を自ら構想する初歩の段階に行われる本演習では、一辺6mの寸法を持つ立方体「6mキューブ」木造小住宅という身近で小規模な2つの演習課題を通じて建築設計のもっとも基本的で根源的な目的である「居心地のいい空間」をこれまでに座学で学んだ建築的知識と図面、言葉、図式、スケッチ、透視図、模型という建築的表現手法を統合的に用いて構想し表現できるようになることを目的とします。また発表や討議の場において自らの意見を能動的に表現、発信する姿勢を培うことを第二の目的とします。

第1課題「6mキューブ」講評会の様子

 

home HOME

関連記事