2020.03.19

4年前期「建築測量」

1. 授業の目的
建築物は、隣地や道路境界線に挟まれた敷地に建てられる。そのため、建物の位置や方位を正確に敷地内に配置するための計測が必要になるとともに、建物の主要な通り芯を正確に精度確認しながら施工していくことが不可欠である。本授業では、建築測量の基本事項を概説するとともに、設計監理者や施工管理者が、建築物を造るために必要な測定方法を理解することを目的とする。さらに、水準測量及び角度測量に用いるレベルとトランシットの計測操作ができるようになることを目標とする。

2. 授業の方法
本授業は、基本的に教科書を用いるが、適宜プリント配布して行う。予習は、下記の授業計画に基づいて行う必要がある。授業中に課題を実施する場合もある。水準測量と角度測量に用いるレベルとトランシットの基本的な操作及び測量は、実際の測定機器を用いて行う。
本科目における教員は、建築工事監理や施工管理の実務経験を有しているため、工事現場における実務例に基づく説明も行う。
本授業は前期後半のクオーター科目として実施する。

home HOME

関連記事