2018.04.02

平成29年度 建築学科海外研修旅行

平成29年度の建築学科海外研修旅行が平成30年3月1日~8日の日程で実施されました。研修先は、スペイン、バルセロナです。

【サグラダファミリア前で集合写真】

◇海外研修のスケジュールは次の通りでした。

1日目 早朝、新千歳空港を集合し、羽田国際空港からフランクフルト経由でバルセロナに到着、移動時間は16時間で、夜にホテルに着きました。

2日目 終日、バルセロナ市内見学。サグラダファミリア、カサ・ミラ、カサ・バトリョで、アントニ・ガウディづくしの見学。


【サグラダファミリア内部】


【カサ・ミラ】


【カサ・バトリョ】

(サグラダファミリアについて)

アントニ・ガウディの遺作でもある世界遺産に登録され、ガウディも眠るサグラダファミリア。1882年に建設が始まり、130年を経た今現在も、未完の作品でした。完成までには300年以上を要すると言われていたサグラダファミリアでしたが、昨今のIT技術導入(3Dプリンターやコンピュータ)による設計技術や観光客増加によって建設費が潤沢になり、ガウディの没後100年にあたる記念の年の2026年完成予定となるそうです。完成時の塔は18本、その高さは最高170mのうち、6塔が完成している状況でした。また、内装に関しては、ほぼ完成して、日が差し込み美しく輝くステンドグラスと天井高さの中で荘厳な言葉通りの教会です。

3日目 終日、バルセロナ市内観光として、ピカソ美術館、サンタマリア・ダル・マル協会、カタルーニャ音楽堂、サンタエウラリア大聖堂の見学。天窓のステンドグラスが光輝く音楽堂で聞く、パイプオルガンは心地いい響きでした。





【カタルーニャ音楽堂の内観と天窓のステンドグラス】

4日目 バルセロナ郊外・市内観光として、コロニアグエル地下教会、モンセラール修道院、モンジュイク城を見学。コロニアグエル地下教会では、ガウディがデザインした椅子に座り、逆さ吊りのアーチ形状を堪能しました。




【コロニアグエル地下教会の外観と天井】

5日目、6日目 自由研修。生徒は、グループごとに、バルセロナの市内観光。バルセロナ市街を一望できるグエル公園。




【グエル公園外観と中央広場(現在修復中)】

7日目、8日目 復路は、往路と同じで、バルセロナからフランクフルト経由で、羽田国際空港、新千歳空港で、解散し、スケジュールは無事終了しました。(お疲れ様でした。)

home HOME

関連記事